獅子座

・4大エレメント・・・火

 

エレメントは常に、火→地→風→水の順番に移行し、水まで行くと、また火に繋がっていきます。この流れをふまえると火は水を常に否定することになり、火では、水で自分の感情と対象の感情が同化、共感した状態から、自分の感情を分離させようとします。水では自分の感情と対象の感情が同化した状態になっていましたが、これは自分の感情と対象の感情が等しくなっているということです何かと何かが同化するにはそれぞれが等しくなければならないので。これに対して、火は対象の感情にとらわれることなく、自分の感情を強く意識するようになるので、自分の感情と対象の感情が等しくなくなるので、同化とは逆に分離が起こります。火と水は同じ「感情」がテーマですが、火は自分の感情、水は自分と対象の同化した感情を指します。火は自分の感情が自分の中で存在していることを重要視するのであり、そのことは自主性、意思、分離、自立などのキーワードにもつながっています。以下に獅子座の火のエレメントらしい部分を書きます。

 

獅子座の火

 

ひとつ前の蟹座で、自分の感情が及んでいる集団の感情と自分の感情を同化させ、共感しようとしたのに対し、獅子座では、自分の感情が及んでいる集団の感情にとらわれることなく、自分の感情が自分の中にあることを強く意識し、それに従おうとすることで、自分の感情を集団の感情から分離させようとします。自分の感情が自分の中に存在していることを重要視し、それによって同化、共感していた対象の感情から自分の感情を分離しようとする点において火星座的と言えるでしょう。

 

他の火星座との違い

 

他の火星座では、性質の枠組みは同じでも、分離しようとする対象と、その対象との関係性に違いがあります。その違いを以下に書いていきたいと思います。

 

牡羊座:  時間的、空間的に制限がない感情(魚座)を対象として、そこから自分の感情を分離する。対象との関係性は、対象は、時間的、空間的に制限された個としての自分という存在を確定させるもの。

 

獅子座:  時間的、空間的に制限されている、自分の感情が及んでいる集団の感情(蟹座)を対象として、そこから自分の感情を分離する。対象との関係性は、対象は、空間的に制限されていない、位置付けとしての自分という存在を確定するもの。

 

射手座:  時間的、空間的に制限されている、自分から切り離された他者としての他者やそれを含む集団の感情(蠍座)を対象として、そこから自分の感情を分離する。対象との関係性は、対象は、自分という存在を認識する、時間的、空間的に制限されている比較、競争の相手。

 

・3区分・・・不動宮

 

3区分は、常に活動宮→不動宮→柔軟宮の順番に移行し、柔軟宮まで行くと、また活動宮に移行します。春夏秋冬の季節のそれぞれの真ん中が不動宮に該当します。春の真ん中の星座なので牡牛座は不動宮です。不動宮は、一定の価値観に基づいて何かを持続させる性質が強い一方で、頑固で柔軟性がないとされています。

 

・4テーマ・・・人間性や情操の育成

 

活動宮から柔軟宮までで1つのテーマと考えた時、12星座は4つのテーマに分かれますが、その4つのテーマのうちの2番である人間性や情操の育成というテーマのグループに属します。

 

・2領域・・・個人領域

 

12星座を2つの領域に分ける時、牡羊座から乙女座の前半6星座は個人領域に属します。

 

・時間数字・・・5

 

・180度の星座との関係性

 

180度の関係にある星座、つまりホロスコープ上で対極に位置している星座は互いに共通点と相違点を持ち合わせています。12星座には、前の星座を前提にして次の星座に移行するという流れの視点があり、牡羊座から始まり魚座で終わるとされているのですが、12星座を2分割した時、牡羊座から乙女座までの個人領域で、個人が完成し、天秤座から魚座までの社会領域で、前半の個人の流れを社会領域で再評価するという考えがあるので、ホロスコープ上で対極にある星座は、12星座の流れの視点においては共通点をもち、実践する領域の視点においては相違点を持つのです。以下に180度の星座との共通点と相違点をそれぞれ書きます。

 

水瓶座との共通点

 

空間的に制限された集団の統一の基準にとらわれることなく、自分の心が自分や世界、つまり全てを決め、思い通りになることを望みます。空間的に制限された集団の統一の基準というのは、獅子座と水瓶座それぞれのひとつ前の星座である蟹座と山羊座の集団の統一の基準を指しています。この集団の統一の基準は、その集団の外に出れば、通用せず、別の集団の統一の基準があるので、空間的に限定されているといえますが、獅子座と水瓶座は、その集団の統一の基準にとらわれず、それぞれの心を基準に生き、それぞれの心でつながることを理想とし、心はすべての人に存在しているので、空間的に限定されていないことになります。この共通の考え方から派生した共通のキーワードや考え方を並べていきます。これらのキーワードや考え方はこれまでに書いた「獅子座ー水瓶座軸 自由あるあるシリーズ」から引用してるので、よければそちらもご覧ください。

 

・自由

・嘘が嫌い

・死んだように生きたくない

・自分が自分である

・全ては思い通り

・心はここにある

・あるがままに見る

・捉え方を変えれば世界の見え方も変わる

・唯一無二

・自分の好きな自分でいたい

 

水瓶座との相違点

 

風星座は、ひとつ前の地星座の、自分の感情を感じさせる対象を価値づけるための価値観を壊すこと、つまり主観のフィルターを壊すことで、自分を含めた対象の主体と客体の区別がなくなるので、自分の感情とそれ以外の対象の感情の区別もなくなり、逆にどの対象にも自分の感情が存在することとなります(詳しくは双子座の記事の風のエレメントのところを見てください)。このため、風星座の水瓶座では、ひとつ前の山羊座の集団の統一の基準である、社会的価値観を壊して、自分を含めたすべての人間がそれぞれの心を基準に生きることを理想とするのであり、集団の統一の基準を壊し現れる、基準となる「心」は自分のものだけでなく、すべての人間それぞれのものを指します。一方で、火星座は、ひとつ前の水星座で、自分の感情と対象の感情が等しくなり、同化した状態から、自分の感情が自分の中で存在していることを重要視することで、対象の感情から自分の感情を分離します。このため、火星座の獅子座は、ひとつ前の蟹座の集団の統一の基準である、集団で共有されている感情から自分の感情を分離させ、自分が自分の心を基準に生きることを理想とするのであり、集団の統一の基準を壊し現れる、基準となる「心」は自分のものを指します。この水瓶座と獅子座の相違点は、水瓶座のキーワードには「平等」があるが、獅子座のキーワードとしてはそれがないことに現れています。空間的に限定された統一の基準がなく、「心」にしたがって生きることを理想としているのは同じでも、その範囲を自分だけじゃなく人類全てとしているので、水瓶座では「平等」の象意を持ちます。

 

・一つ前の星座からの流れ

 

12星座は一つ前の星座の性質を前提にして次の星座に移行するという考えがあるので、前後の星座の流れに目を向けてみると、星座の性質を理解しやすくなります。以下に1つ前の星座からの流れを書きます。

 

蟹座からの流れ

 

蟹座では、自分の感情が及んでいる集団、自分にとっての世界の感情に自分の感情を同化、共感しようとするのに対して、獅子座では、その集団、世界の感情にとらわれるのではなく、そこから自分の感情を分離させ、逆に自分の感情に従って行動を決定し、自分や集団、世界、つまり全てが自分の思い通りになることを望みます。つまり、思決定の基準が蟹座と獅子座では対照的です。12星座は、牡羊座から魚座に至るまで、自分の外の世界を徐々に広げていき、自分とその自分の外の世界との関係性の中で自分の存在を認識していくのですが、蟹座では、自分の感情が及んでいる集団で共有されている感情に同化し共感して、馴染み、受け入れられることで、自分の存在を認識するのであり、蟹座にとっての外の世界とは同化、共感の対象となる自分の感情の及んでいる集団の統一の基準になっている感情で、空間的に制限されていますが、獅子座では、自分の感情以外の全てにとらわれることなく、自分の心が、自分や集団、世界、つまり全てを決め、自分の思いのままになり、すべての心に影響を与え、認められることで、自分の存在を認識するのであり、獅子座にとっての外の世界とは、すべての人のそれぞれの心で、それは集団のようにひとつの統一の基準のもとにまとまっているものではなく、そして、誰にでもあるものなので、空間的に制限のないものです。対照的な性質を持つ蟹座と獅子座ですが、自分の存在を、対象に対しての位置付けとして認識しようとする点では同じです(「位置付けとしての存在」というのは、蟹座では集団で受け入れられ、好かれていること、獅子座では自分らしく生き、それを認められることで自分を認識しようとすることを指しています)。これは、牡羊座や牡牛座が、対象との関係性の中で、実感を得ることで自分の存在を認識するのとは大きく違っていて、双子座で、対象との比較、競争により、相対的に自分の存在を認識する段階を経たことによる認識の仕方です。

 

・基本的な性格

 

世の中の常識などの自分の心以外の何かにとらわれることなく、自分の心にしたがって生き、自分の心が自分や世界、つまりすべてを決め、思いのままになることを自由とした時、自由に生きることを理想としています。自由に生きることを理想としているので、嘘が嫌いです。自由に生きる、つまり心にしたがって生きるというのは、言い換えると嘘をつきたくないということですから。自分が嘘をつくのが嫌いなだけでなく、他人に嘘をつかれるのも嫌いです。自分の心を意思決定の基準におきたいことが全ての考え方のベースにあるので、ありのままの自分でいたい、自分の好きな自分でいたいという気持ちが強いです。また、何かを見るときもそれが世間的に何とされているかよりも、自分がどう見るか、つまり、あるがままを見ることを重要視したりします。この性質から、つまらないと思うことでもドラマティックに捉えようとしたりします。自分の心に従っていたいという点では、牡羊座と共通していますが、獅子座ではすべての他人の心というものを意識しているので、自分らしくいた上で、その自分を他人に認めてもらいたかったり、他人の心に影響を与えたかったり、周囲を元気づけたい思いが強かったりするところがあり、これは、自己満足的で本当の意味で自立した側面が強い牡羊座とは違います。このことから、自己表現が得意で、プレゼン、演技、歌などで他人を惹きつけたりするのが上手です。心が大事なので、今を大事にしています。

 

自由に生きたいという理想は、責任をともなわなければ、やりたい放題振る舞い、思い通りにいかなければ他人のせいにするなどの側面につながることもあります。また、自由に生きたいという理想は、自分が好きな自分でいたいという考えにつながり、他人にナルシストだという印象を与えることがあります。ナルシストという点では蟹座と同じですが、考え方の優先順位が違います。蟹座は他人に好かれるための行動をとることが大事で、その上で他人に好かれているかを気にしますが、獅子座は自分のとりたい行動をとることが大事で、その上で他人から好かれているかを気にします。そして、この自分のとりたい行動が取れているかどうかが自分の好きな自分かどうかの基準になっています。自由さが、わがままさ、自分勝手さ、自己中心的な一面につながり、他人に迷惑をかける場合があります。ただ、今まで書いてきた内容とは反するように思えますが、他人にスポットライトを当てることができたり、他人を褒めたり、尊重したりすることができます。とはいえ、自分が一番でいたかったり、自分を見てほしい部分が強いため、自分の前で、自分がプライドを持っていることに関して自分以外の誰かが褒められたりすると機嫌が悪くなったりします。自分だけでなく他人に関しても、心を基準に意思を決定することを理想として、その前提を持っていると思っているところがあるため、自分も他人も信じやすいところがあり、その分他人に騙されやすいところがあります。

 

・太陽星座が獅子座

 

太陽星座は社会性や自分の人生を意識的に創造する力などを表します。なので、他人と関わっている時や、自分を意識的に活かしたい時、上の獅子座的や性質を発揮します。

 

・月星座が獅子座

 

月星座は根源的な欲求や無意識の感情などを表します。なので、無意識の感情の癖のような部分において、上の獅子座的な性質を発揮します。