太陽星座蟹座とお笑い芸人

少し前、ナインティナイン岡村隆史さんが、ラジオで問題発言をして、それがYahooニュースに載ってるのをよく目にしました。

 

コロナが収束したら風俗にかわいい女性が来ると言って叩かれていたみたいですね。

 

別にこの発言に対してどう思うとかはなくて、岡村さんは蟹座なのですが、単に蟹座っぽい発言だなーと思ったので、蟹座の記事を書くために取り上げました。

 

岡村さんのホロスコープを見るとかなり蟹座の要素が強いのですね。

 

岡村さんのホロスコープ

 

太陽 :  蟹座

月 :  蟹座

水星 :  蟹座

金星 :  獅子座

火星 :  蟹座

木星 :  天秤座

土星 :  牡牛座

天王星 :  天秤座

海王星 :  蠍座

冥王星 :  乙女座

 

出生時間がわからなかったので月は双子座かもしれませんが、私は蟹座のような気がします。

 

個人天体5つのうち4つが蟹座でした。かなり多いですね。月星座が蟹座と決めつけちゃってますが笑

 

まず太陽星座が蟹座のお笑い芸人さんのネタの傾向を書いて、そのあとそれを踏まえて、岡村さんを含めて、蟹座の芸人さんのネタを並べていきたいと思います。一部芸人さんじゃない人も書きます。

 

 

①蟹座の芸人さんのネタの傾向

 

○蟹座のベースの考え方

 

蟹座の記事でも書きましたが、蟹座のベースにある考えは、自分の感情の及んでいる集団の感情に同化して、受け入れられ、好かれることを理想とすることです。

 

語弊はあるかもしれませんが、簡単に言えばみんなに好かれてたいと思いがちということですね。

 

これは、次の獅子座が、自分の心を基準に生きることを理想としているのとは対照的で、集団や他者の評価や感情に基準を置いているということです。

 

より具体的に言えば、蟹座も獅子座も、他者や集団に対しての位置付けとしての存在として自分を認識しようとする点においては同じで、他者の目線を強く意識しているのですが、意思決定の基準の優先順位が違うということです。

 

獅子座は自分の心に意思決定の基準を置くことを最優先し、その上で他者の目線を気にしますが、蟹座は、他者の評価や感情に意思決定の基準を置くことを最優先し、さらにその上で他者の目線を気にします。

 

○ベースの考え方から派生した蟹座の芸人さんの使いがちなネタ

 

・異性に関するネタや下ネタ

→集団や他者に受け入れられて好かれていたい蟹座なので、その集団や他者として特に異性の感情を意識しやすい。

 

・自意識過剰に関するネタ

→集団や他者に受け入れられて好かれていたいということは、他者の目線を常に気にしているということ。傷つきやすさとして表現することもある。

 

・自虐ネタ

→集団や他者に受け入れられて好かれたいので、自分の存在意義の基準が、自分の外にあり、これは自分の気持ちの上では、自分と集団や他者の力関係でいうと集団や他者の方に主導権があるので、自分を下げやすい。

 

他にも特徴はあるかもしれませんがこれらの要素をドッキングしたようなエピソードや笑いの取り方をよくするイメージがあります。

 

例えば、モテたいけどうまくいかなくて、モテるためにこんなゲスくて情けないことしました自分って感じのネタとか。

 

もちろん他の星座の人もこれらのネタは使うと思いますが、蟹座は特によく使う気がします。

 

私は自分が蟹座だからなのか、蟹座っぽいネタはゲスくて結構好きですね。

 

ブラマヨは両方蟹座なんですけどめちゃくちゃ蟹座感強いと個人的には思います。

 

 

②蟹座の芸人さんのネタ

 

以下に蟹座のお笑い芸人で、この発言が見られた例を並べていきます。

 

別の部分が直接的には笑いの原因になっている発言でも、その根底にはこの考えがベースにある場合も並べていきます。

 

ブラマヨ吉田(太陽蟹、月牡牛)

→女性に好かれたいが、モテなくて、M-1優勝後、レンタルビデオ屋のお笑いDVDコーナーで、待ち伏せし、女性をナンパしようとした。

 

ブラマヨ小杉(太陽蟹、月乙女)

→モテたくて、ギターを弾けないのに、プロフィールの趣味の欄にギターと書いている。

 

ココリコ遠藤(太陽蟹、月魚)

→高校時代、寮生活をしていて、1人エッチ用のオカズがなかったので、野球雑誌に載っていた大石大二郎選手の太ももの画像をオカズに使っていた。

 

ケンコバ(太陽蟹、月牡羊)

→少女マンガに出てくる、主人公をずっと思い続ける優しい男は絶対幸せになれない。主人公が好きになるのは優しくないドSの男だという主張をアメトークでしていた。

 

ナインティナイン岡村(太陽蟹、月蟹)

→コロナあけたら風俗にかわいい女性が来るというラジオでの発言。

 

Gackt(太陽蟹、月乙女)

→海水浴に行ったとき沖で溺れたが、最近セックスしてないことに気付いてこのまま死ぬわけにはいかないと思い、必死で浜辺に戻った。

 

back number清水依与吏(太陽蟹、月蠍)

→「高嶺の花子さん」などの歌で、モテなくてみじめな自分をネタにしたような歌詞を書いている。「僕は君のことが好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」という歌では「嫌われないように生きる僕では 君には好かれないって一体なんなんだい」という蟹座のベースの考え方のそのままの歌詞が出てくる。

 

明石家さんま(太陽蟹、月蠍)

→私が子供の頃からずっと恋愛ネタを言ってるイメージ笑。さんまさんは具体的なエピソードを思い出せなかったのですが書きました。

 

 

平成ノブシコブシ吉村、ワッキーなど他にも太陽星座蟹座の芸人さんはいましたが、エピソードを思い出せなかったので省きました。